テレワーク用のON/OFF着に~ウノピゥウノウグアーレトレのバイカースウェットパンツ~

ウノピゥウグアーレトレのスウェットパンツ
綺麗なテーパードシルエットで部屋着から外出までこなせるスウェットパンツ

こんにちは!今日紹介するのは「ウノピゥウノウグアーレトレ」のバイカースウェットパンツ。ブランド名を英数字で書くと「1PIU1UGUALE3」となる。なんとも分かりづらくキャッチーじゃないブランド名。しかし、3回連続でブランド名を暗唱するとアラ不思議! ひょんな会話の中で「スウェットなら”ウノピゥウノウグアーレトレ”がおススメだよ」なんてスラスラと出てくるようになるだろう。そんな魔法のフレーズをブランド名にしたのが上記のブランドだ。

究極、至高の着心地をデザイナーが追求したブランドで雑誌LEONにも掲載されている。もちろんショップページのモデルは渋いイタリア人男性となっている。

私も一伊達男として買わないわけにはいかないだろう、ということで今回はカジュアルラインであるRELAXシリーズのスウェットパンツを購入した。

スポンサーリンク

イケてるスウェットパンツ探しの旅へ

スウェットパンツといえば部屋着としてポピュラーなアイテムである。私も部屋着として無印良品の約2千円のスウェットパンツを愛用している。しかしやはりスウェットパンツはカジュアルすぎるのでそのままコンビニへ、というのは躊躇する人が多いだろう。なぜならスウェットパンツはちょっとダボッとしているシルエットのものが多いからだ。そこで今回はテーパードが綺麗なモデルを探すことにした。

私はもっぱらネットに噛り付いて探して、最終的に近くに店舗があれば試着して買うタイプであるが、この記事を書いている今現在はコロナの影響によりショッピングモール等も休業の自粛モードだ。そこで思い切ってサイズ感を下調べして試着なしで購入した。セレクトショップなんかでは自分のアイテムサイズを測定するとオススメサイズを表示してくれるサービスも結構あり、なんか世の中進んできたなと実感。

さて、私が探し出した候補は以下の3つである。

<SHIPS、NIKE、ウノピゥ>

大体どこで買っても1万円前後くらいの価格帯だ。NIKEは知名度的にも一番有力視していたが、公式サイトのレビューで糸の解れが多いということで選択肢から除外。SHIPSは息子とお揃いにしたかったが同じ商品の大人用が無く、少しゆったりしたシルエットのように見えたのでこちらも除外した。

商品の外観をチェック

届いてみて早速履いた。ポリエステルと綿の混紡生地はしっかりしていて、膝部がすぐに伸びてしまうことはなさそうだ。

ディテールについて触れると膝部は当て布で2重の生地になっており、特に膝当たりが出やすい部分をしっかり補強している。一方で着心地が硬くなりすぎないように膝の上部はリブ生地を使用している。さらに前後ポケット部には金属鋲で法橋されている等、かなり気の利いたスペックだと感じた。

サイズ感

私の身長は176㎝、体重72㎏で若干の筋肉質体型である。特に学生時代に運動部で鍛えたふくらはぎとお尻が発達気味でありボトムス選びには毎回苦労する。そんな私は一抹の不安を感じながらもサイズ48(L相当)を購入することにした。

履いてみたところウエストはほどよくゆとりがありOK、お尻はムチムチ気味であるがまあこんなもんだろう。生地も履いているうちに少しは伸びて馴染むと推測。ふくらはぎは結構パツパツ。私はスキニーとか履いてしまうと大体こうなるのでそこは予想済み。しかしふくらはぎのシルエットを締めると足が細く見えるのは間違いない。

ウエストの紐はめちゃ長い!という感じ。もう少し短くても良かっただろう、コレ。

総合評価

総合的に見て満足できる生地感、シルエットだと感じた。スウェットを外で履くならこのくらい生地の切り替えが入っていてスポーティなルックスのほうが良い。

LEONに出てくるような伊達男、または伊達男を目指すものにとっては必携のアイテムである。



スポンサーリンク

Posted by Sir.Potato