メカニカルキーボードでテレワーク快適化計画!

アーキスマエストロ2s

自宅でテレワークを行なっていると、もっと環境を良くしたいという欲に駆られる。仕事のパフォーマンスに直結するツールだと尚更。ちょうど先日Bluetoothキーボードのよく使うキーに不具合が出た為、本格派のメカニカルキーボードにトライすることにした。

スポンサーリンク

軸は何を選択するかという問題

一般的なメンブレン式と異なりメカニカルは言葉通り機械というか機構があって入力される方式なのでスイッチのようにカチャカチャ音がするのが特徴。指に伝わるカチッとした触感と音が心地よく感じるが周囲の人には耳障りな雑音とも言える。結論から言うと私はCherryMX製の静音軸であるピンク軸を中心に選ぶことにした。ここでは軸の詳細な説明は割愛するがカチャカチャ高い音でスイッチ感の強い青軸、タクタイル型の茶軸、リニアの赤軸がメインどころだろうか。ピンク軸は静音性が高い赤軸をさらに静音化したような軸でカチャカチャという音はせずスコスコという感じでスイッチ感は少ない。その点で物足りなさを感じる人はいるかもしれない。音についてはYouTubeに沢山動画が上がっているので参考にして頂きたい。

使いたくなるようなデザインも重要

メーカー選びとしてはゲーミングよりの派手なデザインならlogicool、RAZER、Steelシリーズ、仕事メインなら少し落ち着いたデザインのアーキス、フィルコあたりを候補としてピックアップした。最終的にはアイコニックなキーカラーと耐久性に優れるPBT樹脂キーを採用したアーキスマエストロ2Sにした。マエストロ2Sはテンキー付きながらコンパクトデザインでデスクのスペースを有効活用できる点が魅力的だった。

マエストロ2Sの使い心地

ノーパソの薄めのロープロファイルキーに慣れ親しんだ私にとってキーの背が高いメカニカルは違和感を感じた。このキーボードに1.5万円かけたわけだが予算を積み増してロジクールのロープロファイルメカニカルを買うべきだったのだろうか、と一瞬考えたが人間とは慣れていくもので使っていくうちに入力がスムーズになっていった。

ピンク軸特有のスコスコした触感を感じながら入力するのが癖になっていくのがわかる。

しかし私にとって致命的な点が二つ。一つは右下のshiftキーが小さく押しづらい点。これでミスタッチ連発。二つ目はdeleteキーのがキータッチのホームポジションから遠くスムーズに入力できない点。これもミスタッチ連発の元に。これらは気にならない人には全く問題ないので実際の使用スタイル次第と言えよう。

キーボード自体はずっしりとした重みがありキータッチ時にズレるようなことは皆無。反面、頻繁にキーボード位置を変えるひとにとってはいちいち持ち上げて位置替えする必要がありちょっと手間かもしれない。キーボード背面には左右と上側の3パターンにコード配線できる通り道がありデスク上の配線管理に役立つ。これは地味に有難い。

やはり比較的高価なメカニカルということもありキータッチは非常にしっかりしていてキーの安定感はメンブレンタイプとは比較にならない。これに慣れた後はiPad用に使用しているモバイル用の薄いキーボードが非常に打ちづらく感じるようになった為、ipad pro用にこのキーボードが使えるようにハブを買おうかと思っている程だ。

実は物欲とは恐ろしいもので評判の良いロジクール G913が試したくて仕方がない今日この頃。テレワーク用にチェアとデスクライトも新調したいのでここはグッと物欲を堪えてこのマエストロを愛でながら仕事に励みたい。






スポンサーリンク