自作デスク

デスクツアー「こだわりデスク環境構築編」

ニューノーマルとして在宅ワークが当たり前になるとも言われている今日この頃。仕事や趣味に没頭する場であるデスクは快適に過ごせるようこだわりたいところ。今回はようやく理想形に近づきつつある我がデスクをご紹介。

デスクは自作に限る

私は既製品で満足できないほどこだわりが強いので、昨年マンション購入と引っ越しに合わせてデスクを自作することに決めていた。

デスクの自作は実に簡単。極端に言えば木板を買ってきて脚を付けるだけ。

木材を選ぶ際は色々あってどれを選べば良いか、ということになる。硬く傷が付きにくいウォールナット、チーク、マホガニー等の高級素材ももちろん良いが、入手性や軽さ・価格も考えるとスギかヒノキになる。特にスギは軽量なので取扱性も良好だ。

私はヒノキのムクボードという集成材をビバホームで購入した。ムクボードは1200mm×1800mmサイズで4,980円と超良心価格の集成材。買う際は“節”が少ないものを選ぶのがオススメ。

脚は色々とネットで探した結果、永田製作所という会社の鉄脚を購入。大変有難いことに鉄脚の長さはオーダーメイドで変更可能。私はデスクの高さを自分の身長に合わせて73cmにしたかったので計算して発注した。

木材は紙ヤスリで研磨し、ワトコオイルダークウォルナットを丁寧に塗り込んだ。この作業を行うことで耐水性が付与され、木材の耐久性が上がる。

結果的にヒノキの香りは感じられなくなってしまうのが残念だが、オイルと研磨により光沢感も増して大分いい雰囲気になる。

上記の写真は実際に鉄脚を固定したもの。Bosch電動ドライバーを使用してネジで4点固定するだけ。デスクの大きさは120cm幅、70cm奥行きとした。以前に60cm奥行きデスクで手狭感を感じてしまったが、70cmあれば無問題。

上記は初期の完成写真であるが2×4材も同じくワトコオイルで塗装し、アイアンラブリコを装着、突っ張り棒の様な仕組みで、壁の穴空けをせずに棚が作れる最強アイテム。2×4材にチャンネルサポートをネジで固定し木棚を設置。

本来はガラス板を置く予定であったが、予算の関係でムクボードの余りを使うことにした。

ラブリコにはプラスチック製のものもあるが断然アイアンがオススメ。

最近完成したデスク上棚

サボっていた上棚の木材研磨とワトコオイルオイル入れを完了し、完成。

左から自作レザークラッチ&その他スタンド、時計ケース、香水テールドゥエルメス、置物類(海外で買ったもの等)。元々置いてあったゴールデンフリーザ様とゴールデンクウラ様は景観を考えて別の位置に移動して頂いた。

話は逸れるが香水はテールドゥエルメスとモルトンブラウンブラックペッパーが個人的なお気に入り。ダンディズムを感じるスパイシーな奥深い香り。

ちなみに右から3つ目のインドの女神みたいな箱の中には賞味期限切れのマサラチャイが入っている。お土産でもらって放置していたが、紅茶付きの人には無糖のチャイもオススメ。チャイというと甘ーいミルクティーライクな味を想像してしまうが、ストレートのチャイはスパイシーでミステリアスな香り、紅茶より旨い。

デスク下の配線管理

デスク周りでの課題は配線の管理。パソコンやディスプレイのぶっといコードをどう綺麗に纏めるかが腕の見せ所。

コードを纏めるケーブルトレーはGarageというプラス株式会社の商品にした。クランプ式なので、穴空けせずに済むから位置替えもできる。カラーはシルバー、ホワイトに加えてポップなレッド・イエローもあり。

デスク下のパソコン・プリンター置き場としてキタジマのスマートラックもオススメ。ルミナスのようなスチールラックと違い、棚板に隙間がないので安定して物を置くことができる。見た目もシンプル・ミニマルでグッド。

そして個人的にはこれからの時期、足元が冷えるためアラジンのグラファイトヒーターはマストアイテム。これ小さいのに本当に暖かくてオススメ。

軽くて背面に取っ手も付いているので、手軽にリビングやベッドルームに持ち運べる点も気が利いている。

デスク最終形態?

最終形態かどうかは分からないが、IKEAのスコーディスという有孔ボードを活用して壁面収納にすることでデスク上の空間をより有効活用できるようになった。ガジェット系はどうしても黒が多くなりがちなのでホワイトの有孔ボードを使うことでスッキリ纏り、かなり映える出来となった。うむ、満足。

IKEAスコーディスはフック類も非常に安いので壁面収納を始めたい人にはオススメしたいアイテム。

デスク環境が整うと仕事も捗る。最近は仕事後も自室が快適すぎて引きこもりがちに…。デスクに張り付きっぱなしで運動不足解消も課題。さて明日も竹脇まりなさんの動画でエクササイズを頑張るか。

自作デスク
最新情報をチェックしよう!