【Pencil対応】iPad Pro用保護フィルムの最適解

これまでiPhone、iPad用の多くのガラスフィルム、TPUフィルムを渡り歩いてきた筆者がiPad Proにオススメのフィルムを紹介したい。

オススメのフィルムはズバリ、パワサポのアンチグレア

パワーサポートアンチグレアフィルムiPad Pro

パワーサポート(通称パワサポ)はiPhone、iPad用のアクセサリを販売する会社で、極薄ケースのエアージャケットや画面保護フィルムが人気だ。

iPad用のフィルムはクリアフィルムとアンチグレアフィルムの2タイプがあるが、断然オススメはアンチグレア。

Pencilを使用しないのであればクリアフィルムでも良いと思うが、iPad Proの真骨頂はApple Pencil第二世代を使用してのメモ、絵描き機能。紙のような書き心地を実現出来るアンチグレアフィルムはやはりpencilとの相性が最高だ。

一方で、アンチグレアフィルムは光の乱反射により画面が見づらくなったり、解像度が落ちるデメリットもある。

そういった中で、なぜパワサポのフィルムがオススメなのか、他のフィルムではダメなのかを説明していきたい。

Nimasoアンチグレアフィルム

実は最初に購入したのはiPhoneでも使用した経験のあるNimasoのアンチグレアガラス。しかし使ってすぐに違和感を感じ、ソッコーで外してしまった。

まずiPad Proにはガラスフィルムはあまり向かないと感じた。理由は「タッチ感度の低下」だ。私が使って気になったのは、タップした際に反応しないことが度々発生し、それが積み重なると相当なストレスになるということ。

次に、硬質ガラスゆえのpencilの使いにくさ。抵抗が少なくペン先が滑ってしまうので非常に文字が書きにくく、仕事の打ち合わせ時にもペン先とガラスフィルムが当たる度に「カッカッカッ」とペンを走らせる音が出てしまうので、周囲の注意力も削いでしまう気がして、かなり気を遣った。

そして致命的だったのは、解像度の著しい劣化。アンチグレアなので多少は覚悟していたが、iPad miniで最高のアンチグレアガラス「クロスフォレスト」の製品に慣れている私には解像度が悪く、文字も画像もぼやけるような感覚が非常に気になってしまい、我慢できずに1日も経たずに外すことに決めた。

特にiPad Proにはガラスフィルムはオススメできない。

エレコム ペーパーライクフィルム(ケント紙タイプ)

次に使用したのはエレコムのペーパーライクフィルム(ケント紙タイプ)だ。

これはザラザラとした質感で、pencilを使うと本当に紙に書いているような質感を与えてくれるタイプのフィルム。

ガラスフィルムと違い、薄く、軽い点も良い。ゲームをする際にもフリックで指が引っ掛からずにサラサラしているので、音ゲーやバトロワ系ゲーム好きの人も満足できると思われる。(実際に私はこのフィルムを付けてPUBGをプレイしまくった)

しかし最終的に外すことを決めた理由は、指でのフリック時に「シャッシャッ」という摩擦音が激しいこと、そしてやはり画質劣化が気になったことだ。

指フリック時の感触は結構強い為、こそばい、というか苦手に感じる人は一定数いるのではないだろうか。

また、皮脂が付いた時に白っぽく跡がつくのも気になったポイント。

やっぱり安定のパワサポ

パワーサポートアンチグレアフィルムiPad Pro

そして私が最終的に落ち着いたのはパワーサポートのアンチグレアフィルム。

体感的にはエレコムペーパーライクフィルムよりも薄く、アンチグレア感も控えめ。そのおかげで、アンチグレア特有の解像度劣化がかなり抑えられている点が大きな特徴。

フリックは、すべすべ・サラサラという感触で、指が引っ掛かるような感じもなく、Pencil使用時は、あたかも滑らかな高級紙の上をペン先が走っているような優しい感触だ。

ゲームに関してはエレコムより薄めに仕上がっていることもあり、フリックミスが少なく繊細な操作が可能となり、特に解像度が改善されたことでPUBGでの索敵はしやすくなった。

一般的なアンチグレアフィルムをつけてYoutubeやNetflixを見ていると、どうしても画質劣化が気になりがちであるが、ここまで綺麗な画質をキープできるアンチグレアフィルムは他にはないのではなかろうか。

しかし、敢えて申し上げるのであればこのフィルムにも弱点はある。

一つは光の乱反射による画面の見づらさ。これはアンチグレアだと光の角度によってどうしても起こってしまうので、購入前に理解してから買った方が良いだろう。しかし、光沢タイプで発生する鏡のような写り込みは少なくなるので、画面自体はマットで見やすくなる。

パワーサポートアンチグレアフィルムiPad Pro

もう一点は貼りにくさ。エレコムのフィルムは真ん中に切り込みがあり、真ん中を合わせてから両サイドのフィルムを剥がして貼る仕組みなので、ズレなく貼りやすいが、パワサポはフィルムを丸々ベロンと剥がして貼る(実際には片側からフィルムを剥がしつつゆっくり貼っていくスタイル)になるので、不得意な人は何度も貼り直す可能性がある。

パワーサポートアンチグレアフィルムiPad Pro
文字劣化は少なく読みやすい
パワーサポートアンチグレアフィルムiPad Pro
iPhone11Proで撮影した高画質写真も詳細まで確認できる解像度

とにかくパワサポのアンチグレアフィルムは超超超絶オススメなので、是非試して欲しいアイテム。

フィルム選びに迷っている人は是非お試しあれ。

最新情報をチェックしよう!