gourmandise-iiiifit-iphone13pro-case

iPhoneケース探しの旅〜グルマンディーズIIII fit ウォールナット〜

gourmandise-iiiifit-iphone13pro-case

より良いiPhoneケースを求めて、今日もケース探しの旅は終わらない…。

今回購入したのは、これまで好んで使ってきた薄型軽量タイプのケースと異なり、保護性能が高めのラウンド型ケース「グルマンディーズ IIII Fit(イーフィット)」。

では早速紹介していきたい。

  • 手にフィットするラウンドタイプのケースを探している人
  • HameeのiFaceシリーズが好きな人
  • iPhone12、 13シリーズの角張ったデザインが好みでない人
  • 初代iPhone3GSの曲線デザインが好きな人

IIIIfit(イーフィット)の外観レビュー

こちらのケースは手にフィットしやすいラウンド型となっており、黒いTPUパーツにポリカーボネート(PC)のウォールナット柄の背面パーツが一体成形されている。

カメラ周り及びディスプレイ周りのTPU素材は保護性能を高める目的で僅かにエッジが高く作られているので安心感がある。

ウォールナット柄はかなりリアルだが、本物の木材ではなく樹脂にプリントされた模様となっている。

gourmandise-iiiifit-iphone13pro-case-appearance

素材感

側面のTPU、背面のPC共にサラサラした質感で指紋は付きにくい。付いても柄により目立ちにくいと感じた。

キズの付きやすさを確かめる為、爪で引っ掻いたり、木製デスクの上で擦過させてみたところ、少しテカりが出てきた。しかし、布やティッシュで拭いたところそれらのテカりはたちまち姿を消した。

中々タフな素材であり、キズが付いたとしても目立ちにくいデザインの為、気にせずガンガン使えるのではないだろうか。

私はかなり以前、iPhone3GS時代に木製ケースを使用していたことがあったが、落下の衝撃でクラックが入ってしまったことがある。PC素材は耐衝撃性に優れるので割れる心配はしなくて良さそうだ。

デザイン

デザイン面ではブランドロゴが背面の下部にあるのみ(IIIIを横にしたロゴ)で他には一切ロゴや文字が無い。無駄な装飾や機能を省いた、シンプルで洗練されたデザインはかなり好印象だ。

折角のiPhoneの美しい筐体を拝めなくなってしまうが、この手のケースを買おうとしている人にとっては恐らく重視されるポイントではないだろう。

しかし、もしiPhoneのカラーを活かしたいと考えるのであれば、IIIIfitにはクリア・スモーククリアのタイプもあることを言及しておきたい。

IIIIfit(イーフィット)のサイズ感

iPhone 13 Proを装着した状態で厚みを測ると、12.8mmとなった。

パワーサポートのエアージャケット(写真右)は9.1mmの為、2.7mmの差があるがイーフィットはケース中心部が1番厚みがあり、エッジにかけて厚みが減少していくのでそこまで分厚い感覚はない。

gourmandise-iiiifit-iphone13pro-case-thickness

ボタン周りのサイズ、押し心地、そして消音スイッチ部のくり抜きの大きさ等は申し分なく、クオリティーの高さが窺える。

ストラップホールがあることも人によっては有り難く感じられる点だろう。

gourmandise-iiiifit-iphone13pro-case-appearance

パワーサポートのエアージャケットは本体の美しさを活かせる素晴らしいケースであるが、ケースについたキズは徐々に目立ってくる。加えて、隙間に入るホコリが見た目を損ねてしまうこともあった。

イーフィットはエアージャケット並みの寸法精度の高さで、埃などが仮に入ったとしてもケースが透明でない限りは目にすることはない。

gourmandise-iiiifit-iphone13pro-case

手に優しくフィットする形状

イーフィット最大のメリットを挙げるのであれば、このラウンド形状が生み出す快適な持ち心地だろう。

尖っている部分が一切ないので、手に優しく馴染んでくれる。iPhone 12シリーズ以降に失われたラウンドエッジを再び堪能することができる。iPhone 11シリーズのラウンドエッジが恋しいと感じる人には打ってつけだ。

gourmandise-iiiifit-iphone13pro-case-hands-on

下部スピーカー周りも滑らかに成形されているので、小指で支えるように持っても角が当たるような痛さはない。

Hamee iFaceケースとの簡易比較

人気 iPhoneケースの「iFace」との違いについて考察すると、主な違いは①ケース厚み、②保護性能の違いと思われる。

iFaceは正直かなり厚みがあり、持っていてホールド感は高くなる一方、ポケットに入れる時などに顕著なサイズUPを感じやすい。

反面、バンパーのTPUに厚みがあり、保護性能はより高い。

軽さ、コンパクトさを重視するのであれIIIIfit(イーフィット)をオススメしたい。

まとめ

今回約2.7千円で購入したグルマンディーズのIIIIfit(イーフィット)をレビューした結果を以下にまとめたい。

  • 手にしっくり馴染むラウンド形状
  • 保護性能とコンパクトさのバランスが絶妙
  • シンプルなデザイン、機能を考えられたディテール
  • 素材の質感の高さ
  • 美しいiPhone筐体が見れない
  • iPhone 13のスクエアデザインが好きな人にはメリットなし?

一言でまとめるのであれば、「知名度は低いが価格並みの価値が感じられる良いケース」と言えるでしょう。

gourmandise-iiiifit-iphone13pro-case
最新情報をチェックしよう!