夏に最適なヘビーデューティTシャツ

【比較レビュー】夏のヘビーデューティTシャツ〜ビーフィーT、MXP、フルーツオブザルーム、ユニクロ+J〜

  • 2021年7月4日
夏に最適なヘビーデューティTシャツ
夏に最適なヘビーデューティTシャツ

プロローグ

自宅で楽な格好でテレワークしている際、「ちょっと昼飯買いに行こうかな」という時はいちいち着替えてることが多い。そんな時、部屋から外までシームレスに移動できる部屋着があったらいいのに…ということで、毎度の如く“自分で自分の物欲を刺激する旅”に出掛けることにした。

愛用のフルーツオブザルーム パックT

元々愛用しているフルーツオブザルームのTシャツ。ヘビーオンスではない、安い方のTシャツだ。
このTシャツはゴワゴワとしたわりと硬い着心地だが、丈夫な作りで4年以上現役で使っている。私は着用時に首元を引っ張りながら着る癖があるので、首元のヨレは若干出ているが、それでも糸のほつれ等なく形をかなりのレベルでキープできている。
176cm、73kgでLサイズを着用。フィットするサイズ感の為、部屋着としては非常に着心地が良い。
生地は厚すぎないので、“ユニクロのエアリズムだと体が冷えすぎてしまう“、という人にもオススメできるアイテム。
ちなみに同時期に購入したヘインズのパックT(ジャパンフィット)は、これよりも少しゆったりしたサイズ感で、生地もふんわりと柔らかい。ただし、このフルーツオブザルームの方が個人的に好みではある。

問題は生地が若干薄いので透け感があることで、白Tシャツだとお胸が透けてしまいがちな点。
そして、ジャストフィットサイズゆえに少し下着感が出やすい点。

黒色だと透け感もないのでは近所のコンビニくらいまでいけるが、白は少々厳しいと言わざるを得ない。

フルーツオブザルームパックTシャツのサイズ感
176cm、73kgでLサイズ着用

大定番のHanes BEEFYとMXPハイテクTシャツを購入!

ネットで数々のTシャツを物色した結果、今回はヘビーオンスTシャツ定番中の定番、ヘインズのビーフィーTシャツと、最新の消臭テクノロジーを搭載したMXPのファインドライTシャツ、いずれもLサイズを購入した。

①Hanes BEEFY(ヘインズ ビーフィー)

綿100%の肉厚なしっかりした生地感で、大きすぎず、小さすぎずの絶妙なサイズ感。まさにオーソドックスで王道のTシャツらしい風格。セレクトショップで売っているHanesのパックTシャツではなく、絶対こちらを買うべきだと言いたい。

私が好きな少し硬めの着心地ながら、ゴワゴワ感はなく肌あたりは良好。最近流行りのビッグシルエットではなく一枚で着ても様になるし、インナーとして使っても良し。もちろん透け感はなし。

生地が厚めだからクーラーの効いた部屋でお腹が冷えてしまうこともないのだ。

いっそ色違いから長袖Tシャツまで買い揃えたい、と思えるほどで、人気なのもうなづけるアイテム。

洗うごとに目が詰まって風合いが出てくるようなので育てる楽しみもある。エイジング好きメンズも納得の品。

ヘインズビーフィーTシャツ
ヘインズビーフィーTシャツのサイズ感
176cm、73kg Lサイズ着用

②MXPファインドライショートスリーブポケットクルー

このシャツを形容するのであれば、「至高の着心地」とでも言おうか。ソフトな生地はトロトロで気持ち良くて、まるで高級Tシャツ。接触冷感・吸水速乾もあるので夏に打ってつけのハイテクTシャツ。

消臭機能については、正直そこまで他のTシャツとの違いが分からなかったが、3日くらい着続けるとはっきりと違いがわかるのだろうか。服を頻繁に取り替えられない宇宙空間で使用することを想定して開発された生地なので、消臭機能は間違いないのだろう。それを差し引いた着心地の良さだけでみても素晴らしい。

シルエット的にはサイズ感が若干大きめに作られており、ゆったりと着れるイメージ。生地のドレープ性が高く、体のラインを拾いやすいと思うので、このちょっと大きめの作りが肝かもしれない。肩からストンと落ちるシルエットは綺麗。生地はヘインズビーフィーと比べると薄いが、これはこれで良くて、特にインナーをこのTシャツで統一したら毎日幸せな気持ちに包まれるだろうと想像してしまう。

重ね着する冬にもMXPのロンTを着たら…と考えるだけでゾクゾクしてくる。そんな魅力あふれるTシャツ。

MXPファインドライショートスリーブポケットクルーT
MXPファインドライショートスリーブポケットクルーTのサイズ感
176cm、73kg Lサイズ着用

各Tシャツのサイズ比較

ヘインズのビーフィーをベースに重ねて比較してみた。特徴としては以下の通り。

・ビーフィー → 着丈は他のものより少し短め。
・MXP→ ビーフィーよりも少し大きめの作り
・フルーツ  → 3つの中では全体的なサイズ感が小さめ(ジャストフィット)

ヘインズビーフィーTシャツとMXPの比較
ヘインズビーフィーTシャツとフルーツオブザルームの比較

ユニクロ+JリラックスフィットクルーTとの比較、重ね着

ユニクロプラスジェイ+JとMXPの比較

ユニクロ+JのTシャツとMXPはほぼ同じサイズ感だが、袖丈はユニクロ+Jの方が少し長め。MXPは襟ぐりが少し高めの為、ジャケットの下に着るのもアリかもしれない。

ポテイト伯爵の丁度良い調度品

ユニクロ+JのリラックスフィットクルーTのサイズ感を比較。…

シーンに応じた使い分けで夏を快適に

今回紹介したHanes BEEFYとMXPはどちらも人気が高いだけあり、納得のクオリティ。 BEEFYは1650円、MXPは5000円(現時点でセール3千円台へ値下がり中)なので、お財布と相談して決めるのが良いだろう。そしてTシャツ沼に嵌まりつつある筆者はフルーツオブザルームのヘビーオンス(2000円)へと次のロックオン中。同アイテムは BEEFYよりも気持ち小さめのようなので、フィット感重視の場合は満足度がUPするかも。

夏に最適なヘビーデューティTシャツ
最新情報をチェックしよう!